向ヶ丘胃腸・肛門クリニックについて|川崎 向ヶ丘遊園 登戸 小田急線 経堂 成城学園前 武蔵溝ノ口 二子玉川 無痛大腸内視鏡検査 無痛胃カメラ ピロリ菌検査 女性医師 痔 向ヶ丘胃腸・肛門クリニック

世田谷 川崎 向ヶ丘遊園 消化器内科 肛門外科 向ヶ丘胃腸・肛門クリニック

診療時間:月・火・木・金:9:00~12:00、16:00~18:30 土:9:00~12:00 休診日:水曜・日祝

電話番号:044-911-0407、世田谷方面からもアクセスしやすい向ヶ丘遊園のクリニック

当院について

痔・肛門の病気の診療と指導医が行う無痛で楽な大腸内視鏡検査、胃カメラを専門とするクリニックです。
痔の日帰り手術と大腸ポリープの日帰り切除を得意としています。すべて男女別の構造になっており、完璧にプライバシーを守ります。聖マリアンナ医科大学病院、川崎市立多摩病院と緊密な連携をとっています。


肛門から血が出た」「おしりが痛い」「大腸がんが心配」「検診で便に血が混じっていた」などのおしりや大腸に関するお悩み

胃がんが心配」「ピロリ菌の検査がしたい」「胃が痛い」「むかむかする」「食欲がない」「酸っぱいものが上がってくる」「バリウム検査で異常ありと言われた」など上腹部のお悩み

どこに行けばよいか迷っていたら、すぐにご相談ください。

当院は肛門の診療と大腸内視鏡検査胃カメラを専門とするクリニックです
痔・肛門の悩みや胃腸のお悩みはひどくなる前に専門的な診察を受けることをお勧めします。胃がんや大腸がんは早期に見つけることで予防と確実な治療が可能です。

指導医が行う楽ちん無痛内視鏡検査

痔や肛門の病気でお悩みの方は三人に一人!
胃がんの原因となるピロリ菌感染による胃炎は日本人の約半数(40歳以上で70%)!

と高頻度でみられます。ちょっとした体の不調から検査で大腸がんや胃がんが発見されることも多くあります。おしりからの出血を痔だと思って放置して進行大腸がんであった患者様もたくさんいらっしゃいます。胃がんや大腸がんは早期に発見して治療を行えばほぼ100%治癒することができます。しかし、早期がんの診断はとても難しく、見逃されてしまうことも珍しくありません。ですから検査を受ける際は専門性の高い医師の診断を受けることが望ましいと思われます。

実際に胃カメラから大腸内視鏡検査(ポリープ日帰り切除)、肛門疾患の治療(痔の日帰り手術)までをトータルで検査、治療が行える施設は見当たらないのが現状です。

おしりやおなかの症状が気になっている方は大腸肛門病学会指導医、消化器内視鏡学会指導医が最新の医療機器で楽ちん検査を行う当院にお任せください

口から行う胃カメラでは一人ひとりにあった量の軽い鎮静剤を調合し、検査前に注射を行います。実際はウトウトするくらいの軽い鎮静剤の量ですが、熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で、なんとなくの記憶がある程度 だったとおっしゃる患者様がほとんどです。

大腸内視鏡検査は「先端フードを用いた無痛大腸内視鏡検査」と「苦しくない二酸化炭素送気システム」により鎮静剤なしでも7割の患者様が苦痛なく検査を受けられますが、ご希望により検査前に鎮静剤を注射します。当院では、大腸内視鏡検査や胃カメラは電話で予約が可能です。まずはお電話ください。胃カメラ検査の流れと注意点大腸内視鏡検査の流れと注意点のページもご参考にしてください。

完全男女別の構造で完璧にプライバシー管理された
リラックスできる空間です

男性(女性)と最後まで顔を合わせることはありません

男女別に分かれた院内のフロア図

当院では、患者様が恥ずかしさや不安から受診が遅れてしまうことがないよう、完全男女別の構造となっています。来院から会計まで男性(女性)と顔を合わせることなくリラックスして過ごすことができます

女性専用待合室、女性専用診察室、女性専用内視鏡室、個室型女性専用リカバリールーム(検査後の休憩スペース)を完備しております。男性専用ゾーンもまったく同じ構造になっています。女性の患者様も男性の患者様も安心してご来院ください。

完全個室のリカバリールームでリラックス

大腸の検査後は空気が入るため、おならをたくさん出すことが重要です。通常のクリニックや大きな病院では、休憩室(リカバリールーム)はカーテン一枚で仕切られたところがほとんどです。これだと隣の会話や音が聞こえてしまいます。当院のリカバリールームは完全な個室で女性専用リカバリールームを4部屋、男性専用リカバリールームは4部屋ご用意しております。お隣を気にせず完全にリラックスしてお過ごしいただけます。

お名前でのお呼び出しは行いません

医療機関での呼び出しの際にお名前を呼ばれて恥ずかしい思いをされていた患者様も多くいらっしゃるかと思いますが、当院ではお名前でお呼び出しすることはございません。当院では番号札の番号でのお呼び出しとなっていますので安心してご来院ください。

化粧室は女性専用待合室、男性専用待合室に各々3部屋

来院後に大腸検査前の下剤を内服される患者様も、化粧室の少ない施設だと不安でした。
当院では女性専用待合室に3部屋、男性専用待合室に3部屋の化粧室を用意しております。これは大きな病院の内視鏡室より多い数です。来院して検査前の下剤を飲んでいる時も安心です。

安心の連携体制
~聖マリアンナ医科大学病院・川崎市立多摩病院と緊密な連携を行っています~

(長年の人脈を生かし、近隣の聖マリアンナ医科大学病院と緊密な連携が取れます)

院長が非常勤講師を務める聖マリアンナ医科大学病院は神奈川県内で15施設しかないがん診療連携拠点病院に指定されています。当院はその連携施設として登録していますので、がんの術後の経過観察(定期検査)も大学病院と連携してやっていくことが可能です。院長は現在でも聖マリアンナ医科大学病院で週に一度の診療を行っていますので、必要な場合は院長自ら聖マリアンナ医科大学病院で手術することも可能です。

また聖マリアンナ医科大学が指定管理者となって運営している川崎市立多摩病院は院長が登録医となっており、いつでも紹介が可能です。2014年4月より第2・第4水曜午後に多摩病院で大腸肛門の専門外来を行っております。

また聖マリアンナ医科大学病院は当院からバスで15分、川崎市立多摩病院は当院から徒歩7分と至近であり、急な病態の患者様も迅速に対応できます

当院でがんが見つかった場合や、入院が必要な患者様は聖マリアンナ医科大学病院または川崎市立多摩病院にご紹介します

そのほかに武蔵小杉にある聖マリアンナ医科大学東横病院や、顧問医が前院長である聖路加国際病院、元教授であった東京慈恵会医科大学附属病院も迅速にご紹介が可能です。

写真による院内のご案内

クリニック内の様子をご紹介いたします。

受付(男性専用)

男性と女性で別々に受付させていただいております。
エレベーターを降りてすぐ右手に、男性専用の受付がございます。

受付(女性専用)

エレベーターを降りて、右手にある男性専用の受付を通過しまっすぐお進みいただきますと、女性専用の受付がございます。

待合スペース

待合スペースは、完全に男女別で、患者さんにくつろいでいただける空間をご用意しております。

診察室

専門医が症状や治療法について、わかりやすく丁寧にご説明いたします。

問診票では伝えきれなかった点、書きにくかった点、またご不明点がございましたら遠慮なくおっしゃってください。

内視鏡検査室

内視鏡検査室では、内視鏡検査、日帰り手術などを行います。

リカバリールーム

リカバリールームは完全な個室で女性専用リカバリールームを4部屋、男性専用リカバリールームは4部屋ご用意しております。

お隣を気にせず完全にリラックスしてお過ごしいただけます。

化粧室

当院では女性専用待合室に3部屋、男性専用待合室に3部屋の化粧室を用意しております。

保険証をお持ちください

下記の場合は保険証をお持ちください。

  • 初めてクリニックを受診される時
  • 月初め(その月にはじめて来院される日)
  • 転職などによりご加入の健康保険が変わった時 など

保険証をお持ちいただかないと、自費での診療になってしまいますので、ご注意ください。

最後の来院から3ヶ月以上経過している場合、また前回と違う症状で来院される場合は、初診と同じ扱いになりますのでご注意ください。