機能性ディスペプシア|川崎 向ヶ丘遊園 登戸 小田急線 経堂 成城学園前 武蔵溝ノ口 二子玉川 無痛大腸内視鏡検査 無痛胃カメラ ピロリ菌検査 女性医師 痔 向ヶ丘胃腸・肛門クリニック

世田谷 川崎 向ヶ丘遊園 消化器内科 肛門外科 向ヶ丘胃腸・肛門クリニック

診療時間:月・火・木・金:9:00~12:00、16:00~18:30 土:9:00~12:00 休診日:水曜・日祝

電話番号:044-911-0407、世田谷方面からもアクセスしやすい向ヶ丘遊園のクリニック

機能性ディスペプシア
(functional dyspepsia:FD)

機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)とは

胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的(6か月以上前から)に続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、異常がみつからない病気です。つらい症状により、患者さんの生活の質を大きく低下させてしまう病気です。日本人では4人に1人がFD(機能性ディスペプシア)といわれており、多くの人が苦しんでいます。

FD(機能性ディスペプシア)の主な症状

  • つらいと感じる食後のもたれ感
  • 食事開始後すぐに食べ物で胃が一杯になるように感じて、それ以上食べられなくなる感じ(早期飽満感)
  • みぞおちの痛み(心窩部痛:しんかぶつう)
  • みぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感:しんかぶしゃくねつかん)

FD(機能性ディスペプシア)の原因

FD(機能性ディスペプシア)の原因には、下記の要因などが関与していると考えられています。

  • 運動機能異常
  • 胃酸過多
  • 知覚過敏
  • 社会心理的因子
  • ピロリ菌

FD(機能性ディスペプシア)の種類

1.食後愁訴症候群(PDS)
食後のもたれ感や早期飽満感が週に数回以上起こるタイプです。
2.心窩部痛症候群(EPS)
みぞおちの痛み(心窩部痛:しんかぶつう)やみぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感:しんかぶしゃくねつかん)が起こりやすいタイプです。症状は食後だけでなく空腹時に起こることもあります。

FD 機能性ディスペプシアの診断

1.がんや潰瘍がないか等の検査

FD(機能性ディスペプシア)患者の診断にあたっては、まず上腹部症状のある患者から器質的な疾患(がん、潰瘍や胆石など)を除外することが必要です。そのため、下記の検査を行います。

  • 胃内視鏡検査(または胃X線検査)
  • 腹部超音波検査(あるいはCT 検査) は必須
  • 血液生化学検

なお、萎縮性胃炎を含む慢性胃炎があってもFD(機能性ディスペプシア)と診断してよい事になっています。

2.問診

胃内視鏡検査や腹部超音波検査で器質的な疾患(がん、潰瘍や胆石など)が除外されたら、まずその症状や特徴などを丁寧に問診します。

  • 患者の症状が食事と関連あるのか?
  • もたれや早期飽満感を主とする型か?
  • 痛みを主とする型か?

FD 機能性ディスペプシアの治療

FD(機能性ディスペプシア)の治療は、患者様の症状に合わせて薬で治療します。

  • 酸分泌抑制薬
  • 消化管運動機能改善薬
  • 抗うつ薬
  • 抗不安薬
  • 漢方薬

など、さまざまな薬剤が用いられています。 特に酸分泌抑制薬の改善率が高いことが明らかとなっています。

最近では食後愁訴症候群の患者様に保険適応となっている新しいお薬も発売されるようになりました。